ホテルで結婚式を挙げるメリット・デメリットを徹底比較

ホテルの結婚式のメリット・デメリット

結婚式場を選ぶ際、場所だけではなく「式場の種類」も重要になってきます。代表的な式場の種類は、ホテル・レストラン・ゲストハウスの3つあります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、今回はホテルで挙式するメリット・デメリットをご紹介します。

ホテルの挙式の特徴

まずは、ホテルの式場の特徴をご紹介します。

雰囲気の特徴

ホテルの内装は豪華で荘厳。格式を重んじる人や、「しっかりした結婚式」をイメージしているカップルにはピッタリです。参列者に仕事の上司やご高齢の方が多い場合にも向いています。

設備の特徴

ホテルは設備が充実しています。会場自体の広さは十分ですし、控室なども広く、不自由はありません。ホテルは施設内に宿泊施設があるため、遠方から来るゲストにも便利です。

予算の特徴

結婚式の平均的な費用は約300万円。ホテルはクラスによって予算にも大きく影響します。一般的には平均予算である300万円以上は掛かる傾向にあります。

たとえば、70名のゲストを招いた場合の予算は350万円前後。ゲストが50名前後の場合は270万円前後です。

ホテルで挙式するメリット

充実の設備と安定したサービスのホテルは、参列者・新郎新婦のさまざまな要望に応えられる点が大きなメリットです。

安定したサービス

「おもてなし」のプロがスタッフとしてサポートしてくれるホテルは、安定したサービスを受けられるので安心。参列者にも間違いなく良い印象を与えるでしょう。

柔軟に対応できる

ホテルは、宗教式(教会式・キリスト教式・神前式・仏前式)・無宗教式(人前式)のどれでも挙式ができます。

結婚式で参列者の楽しみの1つでもある料理も、フレンチ・イタリアン・和食・中華・和洋折衷などから自由に選べます。

会場が広い

レストランなどと違い、ホテルは会場規模が広く、参列者が多くても少なくても対応できます。会場内で二次会ができるので、移動の負担も減らせます。

駅から近い

ホテルは駅から近いのもメリット。アクセスが良く、高層なので駅から見つけやすいところもポイントです。迷子になってもホテルの名前を言えばすぐ案内してくれるでしょう。

設備が充実

ホテルは、エレベーター・広い駐車場・バリアフリー・多機能トイレなどを完備していることも大きなメリットです。

結婚式場と宿泊施設が併設されているホテルも多く、遠方から来た参列者はもちろん、新郎・新婦もそのまま休息できます。

ホテルで挙式するデメリット

ホテルは1日の内に複数の挙式を予定しているので、「貸切感」という特別感に欠けることが大きなデメリット。また、参列者と密に関われないので、アットホームな雰囲気を求める人には向きません。

特別感に欠ける

ホテルは挙式シーズンになると慌ただしく、1日に何組も挙式を予定しています。自分たちの挙式の後に予定が入っている場合は、少し会場内がバタバタとするかもしれません。

また、同じ時間に複数のカップルが挙式をしていることもあるので、隣の挙式の音が聞こえて気が散る危険も。

ゲストとの距離が遠い

ホテルは新郎新婦と参列者の距離が遠く、会話がなかなかできないデメリットがあります。せっかく参列してくれたゲストと、コミュニケーションが取れないのです。

まとめ

ホテルで挙式するメリットは次の通り。

  • 安定したサービス
  • 柔軟に対応できる
  • 会場が広い
  • 駅から近い
  • 設備が充実

充実した設備と安定したサービス、格式高い雰囲気は目上の方に好印象です。

反対に、こんなデメリットもあります。

  • 特別感に欠ける
  • ゲストとの距離が遠い

ゲストとのコミュニケーションを重視しているカップルは、レストランなどを検討すると良いかもしれません。

© 2020 一年記念日.com