豊洲「がすてなーに ガスの科学館」にデートで行ってみた

「がすてなーに ガスの科学館」は、豊洲にあるガスについて学べる体験型の科学館です。

今回は、そんな「がすてなーに」にデートで訪問したので施設の様子をレポートしておきます。

「がすてなーに ガスの科学館」とは?

緑の丘のような、不思議なかたちをした「がすてなーに ガスの科学館」では、エネルギーやガスのひみつを探検したり、クイズや実験にチャレンジしたり、“暮らしを支えるエネルギー・ガス”の役割や特長を楽しみながらご理解いただけます。

出典:東京ガス : がすてなーに / 施設のご案内|コンセプト - ガスの科学館

「がすてなーに」は、東京ガスが運営する体験型ミュージアムです。ガスの特長やエネルギーと地球環境との関わりを体験型展示物やプログラムを通して、楽しみながら学べます。

予約の必要はないので、気軽に立ち寄れますよ。

自動車運転の体験などもできます。土日でも訪問者は意外と少なく、ストレスなく遊ぶことができます。

施設情報

住所 東京都江東区豊洲6-1-1
入場料 入場無料
開館時間 午前9:30~午後5:00 (入館は午後4:30まで)

アクセス

  • 東京メトロ有楽町線「豊洲駅」7番出口より徒歩6分
  • ゆりかもめ「豊洲駅」北口より徒歩6分

豊洲駅からは「A7」出口。ゆりかもめ線沿いにまっすぐ進めば着きます。

デートに行ってみた感想

子ども向けの施設だと思いましたが、大人もそこそこ遊べました。正直、あまり期待していませんでしたが、実際に訪れると大人でも知らないようなことがたくさんあり、体験しながら楽しく学べました。

受付の人に聞くと、大学生のカップルや夫婦で来ている人も多いそうです。

施設は清潔で開放的。屋上は東京湾と豊洲を眺めることができ、見晴らしの良い場所です。時間があったら屋上でゆっくり過ごすのもおすすめ。

見学の所要時間は2時間くらい。じっくり見ると半日くらい時間をつぶせます。「キッザニア」のあるららぽーと豊洲から歩いて10分くらいの場所なので、待ち時間に利用するのもあり。

まとめ

「がすてなーに」は子ども向けの科学館ですが、大人も意外と楽しめる穴場デートスポットです。休日でも比較的空いているので、ららぽーと豊洲に飽きたらがすてなーにも見学してみると良いでしょう。

© 2020 一年記念日.com