「ふるさとの食 にっぽんの食」全国フェスティバルにデートで行ってみた

ふるさとの食 にっぽんの食

毎年3月中旬に渋谷・原宿で開催される「ふるさとの食 にっぽんの食」にデートで行ってみたので、イベントの様子をレポートしておきます。

「ふるさとの食 にっぽんの食」とは?

「ふるさとの食 にっぽんの食」は、毎年3月中旬に開催されてる食のフェスティバルです。北海道から九州までの各地のご当地食材や料理が楽しめます。

北海道から九州まで選りすぐりの食材や料理が一堂に集まるほか、"おいしい食"っを通じて東北や九州の被災地を応援します。

出典:「ふるさとの食 にっぽんの食」全国フェスティバル|NHKプロモーション

2018年の開催は3月10日(土)11日(日)でした。

入場は無料。開催場所は、渋谷の「NHK放送センター」の前。

イベントの雰囲気

会場は大きく分けて

  1. お買い物ゾーン(物産展)
  2. ほかほかフードコート(屋台)

の2つのエリアがあります。会場自体はかなり広く、毎年100以上の屋台が軒を連ねます。おいしい料理を楽しめるだけではなく、農業機械に乗れるコーナーなどもあります。

訪問する客層は20~50代のカップル・夫婦・子連れなど。特に、NHK放送センターの目の前で開催されているため、子連れの親子が多くいました。

屋台の例

ふるさとの食 にっぽんの食で出されている屋台は、

  • 焼きそば
  • から揚げ
  • たこ焼き
  • コロッケ
  • 焼きいも

などの定番モノ以外にも、

  • あゆの塩焼き
  • ご当地カレー
  • ザンギ
  • ホルモン焼き
  • 宇都宮餃子
  • カキ・ホタテ焼き

などなど、少なくとも100店舗以上の屋台がありました。 だいたい、1つの屋台で300~500円前後で食べられます。

イベント情報

イベント名 ふるさとの食 にっぽんの食 全国フェスティバル
場所 NHK放送センター、代々木公園(ケヤキ並木通り・イベント広場)
開催日時 2018/3/10(土) ~ 2018/3/11(日)
開催時間 開始:10:00
終了:16:00
入場料 入場無料、飲食別途

デートで行ってみた感想

カップルでも十分に楽しめました。

会場は「物産展」と「フードコート(屋台)」の2つのエリアに分かれています。物産展コーナーは無料の試食が多く、ここを見て回るだけでもお腹がいっぱいになりそうでした。なかなか行けない九州や北光道などのおいしい物産があるので、フードコートでお腹を満たした後にお土産を買うのがおすすめ。

屋台はさまざまな食が楽しめますが、種類が多すぎて目移りしてしまうほど。会場内に特設ベンチが設けられていますが、どこも満席なのであまり座れません。レジャーシートなどを持参している人もいました。

また、会場内にはビールが売っていますが、高いので近くのコンビニで買ってきた方が良いと思います。

まとめ

「ふるさとの食 にっぽんの食」は、毎年3月中旬に開催されてる食のフェスティバルです。 会場はかなり広く、おいしい料理が食べられる屋台もたくさん出店しています。 入場は無料なので、予定が空いていればおすすめです。

© 2020 一年記念日.com