付き合って一年記念日の手紙の書き方と例文

付き合って一年記念日の手紙の書き方と例文

彼氏・彼女と付き合ってもうすぐ1年。この記念すべき1日には、手紙を書いて1年間の想いを伝えたいものですよね。

でも手紙って普段書かないので、慣れない人だと

  • 書き出しが分からない
  • 心に響く言葉が思い浮かばない
  • 手紙の書き方を知らない

などなど、意外と悩みますよね。

私も、一年記念日に手紙を書こうと思いましたが、思うように書けずに苦労しました。恋人への想いは溢れるほどあるのに、いざ書き始めても、筆がなかなか進まないですよね。

そんな悩みを抱えているあなたのために、この記事では一年記念日の手紙の例文から書くべき内容、書き方のポイントなどをまとめました。

どなたでも簡単に、恋人にしっかり想いが伝わる一年記念日の手紙が完成します。もちろん、一年記念日以外で手紙を書くときにも役に立ちます。ぜひご活用ください。

交際一年記念日に手紙を書くべき?

一年記念日に手紙を書くべき?

そもそも、一年記念日にわざわざ手紙を書くべきか。

手紙を書こうと思ったとき、こんな疑問が浮かびませんか?

スマホが普及しているこの世の中で、あえてLINEではなく手紙を書くのは、正直面倒です。手紙を書くのは時間が掛かりますし、疲れます。

でも、わざわざこの「面倒」で「疲れる」手段を選ぶからこそ、相手に気持ちがきちんと伝わるのです。LINEでメッセージを送れば済むところを、わざわざ手紙に書いたというのが、相手の心を動かします。

「私のために手紙を書いてくれた」その誠意がしっかりと届きますよ。

想いが伝わる!一年記念日の手紙の例文

一年記念日の手紙の例文

では、一年記念日にはどんな内容の手紙を書けば良いのか?例文を「彼氏向け」「彼女向け」に分けてご紹介します。

手紙は、下手でも良いのでなるべく自分で考えた言葉を書くのが良いです。でも、全然書き方が分からない方は、以下の例文を参考に自分なりにアレンジしてみてください。

彼氏への手紙の例文

「彼女」→「彼氏」に手紙を渡す用の例文です。

大好きな(彼氏の名前)へ

今日は、私たちの交際がはじまって1年になる記念日だね。いつも一緒にいるけど、直接言うのは恥ずかしいからこの1年の想いを手紙にしました。

(彼氏の名前)と付き合いはじめてもう1年、あっという間だったね。いろんな所に一緒に行ったり、お互いの誕生日をお祝いしたり、ちょっとしたことでケンカしたり。全部いい思い出だよね。

いつもそばに居てくれてありがとう。
いつもやさしくしてくれてありがとう。

これからもよろしくお願いします。

(自分の名前)より

彼女への手紙の例文

「彼氏」→「彼女」に手紙を渡す用の例文です。

(彼女の名前)へ

今日は一年記念日なので、普段は伝えられない想いを手紙にしました。

(彼女の名前)とはこの一年間で、本当にいろんな思い出を作ることができました。○○へ旅行をしたり、(彼女の名前)の誕生日を○○で祝ったり、○○…なんてこともあったよね。

付き合って一年、ずっと楽しくいられたのも、○○のおかげだと思っています。○○がいつもそばにいて、ツライときも支えてくれたからです。心から感謝しています。

これからも、お互い支え合ってずっと一緒にいようね。愛してるよ。

(自分の名前)より

一年記念日の手紙に書くべき内容はこの4つ

一年記念日の手紙に書くべき内容

手紙でもっとも悩まされるのが、どんな内容を書くか?ですよね。

一年記念日の手紙では、

  1. 書き出し(あいさつ文)
  2. これまでの思い出
  3. 「愛してる」「大好き」などの愛情表現
  4. 「これからもよろしく」のひと言

の4つを書くのがおすすめです。上記を軸に手紙を書くと、書きやすいと思います。

書き出し(あいさつ文)

手紙の書き出しって悩みますよね。悩んだときは、一年記念日に手紙を書いた理由を恋人に伝えると自然です。たとえば、「今日は一年記念日なので、気持ちを手紙にしました」と書き出せばOK。

思い出を振り返るなら「覚えていますか?○○とはじめてデートした時のことを」という書き出しも良いでしょう。

もし、ピンとくる書き出しが思いつかない場合は、他の文章をまとめてから考えるとスムーズです。

これまでの思い出

出会いから一年記念日を迎えるまで、二人にはさまざまな出来事があったと思います。

お互いの誕生日を祝ったり、旅行に行ったり、時にはケンカをすることもあったでしょう。でも、こうして無事に一年記念日を迎えられたのは、お互いを支え合ってこれたから。

そういったこれまでの感謝の気持ちを、具体的なエピソードを交えて手紙にすると好印象です。あらためてこれまでの道のりを確認でき、二人の絆が深まります。

手紙をプレゼントした相手が読み返した時にも、当時の思い出を振り返ることができますよ。

「愛してる」「大好き」などの愛情表現

一年記念日を目前にして、相手へ「愛している」と言う機会が少なくなっていませんか?

一緒にいる時間が長くなると「言わなくても分かるでしょ」と思い込んでしまいがちですが、恋人にはハッキリ言葉にしないと伝わりません。

少し恥ずかしい気持ちもわかりますが、必ず「愛している」「大好きだよ」と手紙に書きましょう。具体的に相手のどんなところが好きなのかを伝えると、想いがより伝わりますよ。

「これからもよろしく」のひと言

「これからもずっと一緒にいたい!」という気持ちを込めるのも忘れずに。将来について書いたり、2人の目標を書くのも良いかもしれません。書き方に困ったら、ストレートに「これからもよろしくね」と伝えるのがベストです。

知っておこう!手紙の書き方のポイント

一年記念日の手紙の書き方のポイント

前日に書かない

手紙は相手に渡す日の前日には書かないこと。前日に慌てて書いた手紙なんて、もらってもうれしくありませんよね。できれば余裕をもって、一年記念日の2~3日くらい前から書き始めましょう。

ゆっくり楽しんで書く

急いだり「取りあえず」で書いた手紙では、相手に真心が伝わりません。恋人のことを思い浮かべながら、いつもの倍以上の時間を使って、ゆっくり書きましょう。

「字が下手」「自信がない」というあなたも大丈夫。印刷物のようにキレイに見えないからこそ、印象に残る手紙になるのです。

まわりくどい表現は避ける

まわりくどい表現を使うと、返って不自然になって、気持ちが伝わりません。たとえば、それっぽい英語を並べたり、ポエムを書いたり…なんて、ちょっと不気味ですよね。

使い慣れていない言葉を並べるよりも、思っていることをストレートに書いた方が、相手にしっかりと気持ちが伝わります。

手紙の文字をキレイに見せるコツ

手紙の文字をキレイに見せるコツ

どうせ手紙を書くのなら、少しでもキレイに見せたいですよね。そこでここでは、手紙をキレイに見せる書き方のコツをご紹介します。

字に自信がなくても、このコツさえ意識すれば手紙を開いたときの印象が違ってきます。

難しい漢字は使わない

難しい漢字を使うと、見難いだけではなく堅苦しい雰囲気になってしまいます。難しい漢字はなるべく使わず、ひらがなを使いましょう。ひらがなは、読み手にやわらかく、やさしい印象を与えます。

ひらがなは漢字より小さく書く

手紙の文字は、「すべての大きさをそろえた方が、バランスが良い」と思われるかもしれません。

しかし実際は、漢字を大きめに、ひらがなを小さめに書いたほうが美しく見えるのです。

漢字は画数が多いので、小さく書くとゴチャっとして見えます。画数が少ない漢字は小さく書いても問題ありません。

ラインをそろえる

手紙を全体で見た時に、文字に上下や左右のデコボコができていると、見にくく感じることがあります。

そんな不快感を与えないためには、横に文字を書く手紙は下のラインに、縦に文字を書く手紙は左側のラインをそろえるように書きましょう。

一年記念日に手紙を書けない場合は?

一年記念日に手紙を書けないならメッセージを送ろう

LINEなどでメッセージを送る

手紙を渡した方が好印象なのは確かですが、忙しくて手紙が書けなかったり、手紙を書くことに少し抵抗があるなら、せめてLINEやメールを使てメッセージを送りましょう。

一年記念日の当日に予定があって会えない場合も、当日は先にメッセージを送っておき、次に会うときに手紙を渡すのも良いかもしれません。

メッセージの例文

今日は付き合って一年の記念日だね!

本当だったら手紙を渡したかったんだけど、恥ずかしかったからLINEで自分の気持ちを伝えようと思います。

(相手の名前)とはこの一年間で、本当にいろんな思い出を作ることができました。今、(相手の名前)とのLINEのメッセージを読み返して実感しています。

こうやって楽しくいられるのも、(相手の名前)のおかげだと思ってるよ。本当にありがとう。

これからもよろしくね!ずっと一緒だよ。

まとめ

一年記念日の手紙やメッセージの例文、書き方のポイントなどをご紹介しました。

手紙が書けたら、必ず次の日に読み返しましょう。翌日になって読み返すと、頭が冷静になり、客観的に手紙を読み返せます。完成してからすぐに読み返しても、ミスが見つかりにくいのです。

もし一年記念日当日に手紙を読み上げる場合は、本番の前に声に出して練習してくださいね。

© 2020 一年記念日.com