六本木「スヌーピーミュージアム」デートで行ったみた感想レビュー

六本木のスヌーピーミュージアムにデートで行ってみた

六本木で期間限定で開催されている「スヌーピーミュージアム」にデートで行ってみたので、会場の様子や感想などをレポートしておきます。

スヌーピーが好きでミュージアムに興味がある方、デートスポットにと考えている方はご参考にしてください。

「スヌーピーミュージアム」とは?

スヌーピーミュージアムの外観

スヌーピーミュージアムの外観

スヌーピーミュージアムは、スヌーピーのマンガの原画を展示しているミュージアムです。

展覧会では、ドラマティックな空間の中で、スヌーピーやピーナッツ・ギャングたちの色とりどりの恋エピソードを、貴重な原画作品とオリジナル映像満載でご紹介します。

出典:http://www.snoopymuseum.tokyo/exhibition/

原画を中心に、スヌーピーの原作者の生い立ち、マンガの登場人物とその人物関係、恋の模様などの解説がされています。

チケットの購入方法

チケットは、「前売り券」か「当日券」の2種類があります。

当日券は予約なしでスヌーピーミュージアムのカウンターで購入ができます。前売り券は、全国のローソンの「ロッピー」で予約購入ができます。

前売り券は当日券よりも安くなるので、予定が決まっていれば前売り券をおすすめします。前売り券は日時指定ですが、指定した日に行けなくなっても、プラス200円(当日券と同じ料金)で入場ができます。

混雑状況について

ほとんどの人が日時指定の前売り券を買ってから訪れるため、そこまで混雑はありません。私が訪問した時は休日のお昼でしたが、すごく混んでいたという印象はありませんでした。

カップルはいる?

会場は若い女性ファンのほか、デートで訪れているカップルも多くいました。男性もいるので、浮いてしまうか?という心配はいりません。

施設情報

会場名 スヌーピーミュージアム
開催期間 2017年10月7日(土)〜2018年4月8日(日)
2018年4月21日(土)〜2018年9月24日(祝)
開催時間 10:00~20:00(入場は19:30まで)
開催場所 東京都港区六本木5-6-20
最寄り駅 東京メトロ六本木駅
入場料(一般) 前売:1,800円(学割などあり)
当日:2,000円(学割などあり)

2018年4月8日までは特別展で、2018年4月21日から最終回「ともだちは、みんな、ここにいる。」とテーマ(展示内容)が変更されます。

詳細は、公式サイトよりご確認ください。

デートで行ってみた感想

スヌーピーミュージアムのレビュー

先にデートで行ってみた感想を言ってしまうと、期待外れでした。

原画の紹介メインで飽きる

メインの展示物は「マンガのコマ(原画)」の解説で、「このシーンはこういう心情があった」といったもの。正直、自分で調べれば分かりますし、これが永遠と続くため、途中で飽きます。展示の最初と最後にショートムービーが流れますが、ホントに1~2分程度の動画で内容もビミョーでした。

スヌーピーに興味のない男性をデートで連れ添うなら、なおさら退屈するでしょう。これで1,800円はちょっと高いですね。

グッズ販売は高すぎる

これらの展示コーナーが終わった先にあるグッズ販売はかわいいものが多く、ココでしか手に入らないような限定品があります。でも、ちょっと高いし、雑貨店で売っているようなグッズの方が安くてかわいい物があります。コアなファンならすごくうれしいかもしれませんね。

撮影自由は良かった

唯一良かった点は、「ミュージアム内は撮影自由」であること。ですが、写真に撮りたくなるような展示物はなく、外に置いてあるスヌーピーの置物の方がよっぽどフォトジェニックでした。

全体的に、見ごたえもなく残念なミュージアムだったかな、という印象でした。もっと展示物の種類を多くしたり、楽しめる工夫をしてほしかったです。

まとめ

原画を見たい人ならすごく興味深いミュージアムだと思うかもしれませんが、「スヌーピーのかわいい展示物をたくさん見たい!」と思って訪問すると、期待外れとなってしまうので注意が必要です。

個人的には見ごたえはなかったので、デートで行くのはあまりおすすめしません。

© 2020 一年記念日.com